津斉彬公のもとで発展するも20年で姿を消した「薩摩切子」を、伝統に寄り添いながら新しく独創的なスタイルで作り出しているのが、薩摩びーどろ工芸です。「奏-かなで-」の色は、薩摩切子の中でも特別な色とされる “黒“。薩摩切子の最大の特徴である独特のグラデーション「ぼかし」が、美しく浮かび上がる逸品です。

​「奏」-かなで- の商品ページはこちら

プレスリリースはこちら